私は私の戦いを終わらせる

new beginning

人生の節目節目に、必ず思い出す言葉がある。

思い出すたびに、「ああ、私はまったくわかっていなかったのだ」と、
また深く噛み締め、胸に刻む。

そしてまた自分に誓い直す。

 

私は私の戦いを終わらせる。

 

「あなたの人生を変えた言葉は?」と聞かれたら、私は迷わずこの言葉をあげる。

 

 

new beginning

 

 

7月から本格的にコーチングの勉強を始めた。
12月までに全部で5つのコースを受講する。

先日、3つめのコースを受講。
コースの最終日、自分自身の決意を宣言する場面があった。

私の中から出てきたのが、バイロン・ケイティのこの言葉。
これ以外、考えられなかった。

 

私がケイティの「ワーク」を知ったのは、2007年。
会社を休職していたときだった。
旅先である人と出会い、この小冊子を薦められた。

バイロン・ケイティのワーク 「苦しみの終わり」

 

ひどい出来事や嫌な現実を嘆き、失望する前に、

「私は私の戦いを終わらせる」

そこから始めよう。

 

そう決めた日のことをよく覚えている。

それは固い決意でも熱い想いでもない。
ただ静かな、祈りのようなものだった。

 

静かに、静かに。
でも着実に。

その祈りは私の中に浸透していった。

 

あの日を境に、私の人生は変わっていった。

外からどころか、自分でもまったくそうとは気づかない。
目に見えない、感じ取ることさえできない。
そんな小さな小さな変化だったのだと思う。

だけど振り返ってみれば確実に、あの日が分岐点だった。

 

起きている出来事が自分を苦しめるのではない。
起きている出来事に対する自分の解釈が、自分を苦しめる。

出来事は、ただ起きているだけ。

そこに、いいも悪いもない。
正しいも、正しくないも、存在しない。

 

現実と争うとき、あなたは負ける、それも必ず。

この単純な真実が見えてきたとき、
ただもう脱力し、バンザイするしかなかった。

自分ではないものになろうとしたり、
自分の考えではないものに従おうとしたり。

それらはすべて、現実との闘い。

私は私を生きるしかないのだ。

 

戦いは、自分の中にしか存在していない。

この真実の前にサレンダーすることが苦しみの終わりだと、
世界の真の姿が見え始めた。

 

 

 

ザ・ワーク 人生を変える4つの質問

 

私が持っているのは、この表紙の初版。

「こんなまなざしの人になりたい」

セラピストを志したとき、ひそかにそう思った。
その想いは、今も変わらない。

歳を重ね、いつか、こんなまなざしで語りかける人になれていたら素敵だ。

そう思いながら、今日も生きている。

 

Life is Beautiful.
世界は美しい。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次