もう一度、「なんにもない私」で始めてみる

「なんにもない私で始めてみようか」

2012年3月のある日、自分の中にそんな声がぽつんと響き、セラピストとしてのスタートを切りました。

 

会社員を卒業したものの、ちっとも動きだせない。
今後の自分として想定していたことや目論んだことは、何ひとつ実現しない。

すべての可能性が消えたとき、なぜかするすると、自分の中からこんな言葉が出てきたのです。

 

肩書も資格もなんにもありません。
今まで学んだ『ツール』は全部忘れて、なんにもない私で始めてみます。
こんな私と話をしたい人、会いにきてください。

 

1コイン500円で、生まれて初めてのセッションを募集。これが始まりでした。

 

それから月日は流れ、ありがたいことに、たくさんのお客さまにも恵まれるようになりました。
仕事の方向性も、自分の成長と共に変化していきました。

仕事としてブログを書くことにも、慣れていきました。

 

だけど今、自分の中から声がするのです。

「なんにもない私で、もう一度、始めてみようか」

 

肩書も無いただの私が、伝えたいと願ったシンプルな真実、

Life is Beautiful
世界は美しい

 

それを思うままに書いていくこと、もう一度始めます。

 

 

タイトルとURLをコピーしました